洗面台リフォーム

そろそろ洗面台をリフォームしたい!
でも、どうやって選べばいいかわからないし、後悔しないか心配...。

そんなあなたに、水まわりリフォームのプロ大滝が、より快適な浴室を実現するためのポイントをご紹介いたします。

下記のポイント3つを抑えて、快適で安心な洗面台にリフォームしましょう。

ポイント1 身長に合わせた洗面台

キーワード現在お使いの洗面台の高さはどれくらいですか?
そんなの気にしたことがない、とおっしゃる方も多いでしょう。

しかし、洗面台が低い位置にあると腰を大きく曲げなくてはならず、身長170cmの男性が75cmの洗面台で洗顔した時の腰への負担は約25kgの荷物を持った時と同じなんです!
ですから、洗面台の高さ選びは大変重要になってくるのです。

ご自分の身長にあった洗面台の高さを選ぶことで、長く使っても身体を痛めない生活ができます。
洗面台の高さの目安を下記にまとめましたので、参考にしてください。

【身長に合わせた洗面台の高さの目安】
・155cmの方→75cm
・165cmの方→80cm(標準仕様)
・175cmの方→85cm

ポイント2 たっぷりはいる収納力

洗面台は化粧品や歯ブラシ、ヒゲそりなど収納しなければならない小物がたくさん。
だから、収納はあればある程、嬉しいですよね!

従来の収納は配管が邪魔して収納スペースが狭くなっていましたが、TOTOから発売された洗面台に収納扉の奥を広くした装備が登場。
今まではデッドスペースになっていた排水管部分を収納スペースにすることで、従来の3~5割収納力をアップしました!


  • 洗面台リフォームのサイン
  • 洗面台リフォームのサイン
  • 洗面台リフォームのサイン
  • こちらも今まではデッドスペースになっていた洗面台最下部のけこみ部分。
  • こちらに体重計を収納してサニタリーをスッキリ片付けさせることができます。

ポイント3 浴室とそろえてトータルコーディネート

洗面台のリフォームのきっかけは、浴室のリフォームということがよくあります。
せっかくサニタリーを新しくするなら、浴室と洗面台の色を合わせてトータルコーディネイトしてみてはいかがですか?

下の画像は2枚とも全く同じ浴室・洗面台ですが、戸棚の色と浴室の壁の色を変えた写真です。
色が違うだけで印象が全く違いますよね!

リフォームをするときでないと模様替えは難しいですから、機会を活かして素敵な空間づくりをしましょう。


  • 洗面台リフォームのサイン
  • 洗面台リフォームのサイン

▼お悩みがある方は別途ご相談(無料)も承っております。

ライフプランのお問い合わせ

採用情報サイト
お電話はこちらから
" "