小山市 Y様邸 浴室・キッチンリフォーム施工事例

お客様のご要望 30年近く住んだ家をこれからも住み続けたいので、特に気になってきた水回りの劣化と床や内壁外壁の補修が必要なのではと感じている箇所を入念に見て頂いてアドバイスを頂きたいです。(Y様より)

施工概要

地名

栃木県小山市

築年数

30年

施工内容

キッチンリフォーム
浴室リフォーム

工期

約14日


ご提案内容 台所とお風呂のリフォームを検討されておりました。
台所とお風呂の床に大きな段差が目立ちましたので、それならばこれからの人生をより良く過ごして頂きたいと思い、バリアフリーのご提案をさせて頂きました。
施工前はこちら
台所は物が多く収納が難しい様子でした。窓が小さく太陽光が部屋全体まで行き届かない印象でした。 台所と居間の間に大きな段差がありました。

 
お風呂場と脱衣室です。
お風呂はタイル床で寒々としていました。脱衣室の床も経年劣化が進行していました。
お風呂場側です。ここにも大きな段差がありました。昔はお湯が脱衣室に入らないようにと段差を作り工夫がされたのです。
ライフプランによる施工中の様子
窓の間口(横方向)をできるだけ広くとるプランニングをしました。 経年劣化した床を剝がし、床板(コンパネ)からしっかりと水平が出るように綺麗にやり直しをします。


 
配管も経年劣化が進行していました。昔は鉄管が主流でした。現在では塩ビ管が主流です。
ユニットバスを設置するために、堅固な床をコンクリートで作りました。 窓の断熱性能を上げるために窓を交換し、その際に痛んでいた外壁も修復しました。 補強も入念に行い、水平垂直をしっかりと出します。
施工が完了しました。
新品ですから綺麗であることは勿論の事。
丈夫で長持ちするように、床下のコンクリートなどの目に見えない所も弊社の技術者が最高の仕上がりを作ります。
バリアリフリーとなりました。
ユニットバスはドア枠付近に排水溝がありますので、お湯は脱衣室へ流れては行きませんのでご安心下さい。
ベージュ系色で統一されたキッチンは、まるでお花畑の様相です。
水や油が跳ねる壁は高耐久キッチンパネルを全面に張り、キッチンの扉・引手・壁など全てで統一感がありとてもお洒落なキッチンに仕上がりました。


 

新生活様式リフォーム
採用情報サイト
お電話はこちらから